すぐに資金調達するならファクタリングサービスをフル活用

Factoring

ファクタリングはサービスだが消費税が掛からない!

サービスを受ける上で何かと気になるのが、消費税です。対価性のあるサービスを受けると消費税8%が加算されるため、会社としては少しでも抑えたいのが本音です。売掛金を売買するファクタリングは、ある意味ではサービスではあるものの、売掛金自体は有価証券と同等の扱いとなります。そのため、ファクタリング会社を利用して発生する手数料については、非課税となるため、売買で生じる費用を抑えることが可能です。
つまり、何度利用しても消費税が掛からないため、無駄なコストの発生を抑えることが可能です。例えば、銀行や貸金業者から融資を受けた場合、返済は銀行口座への振込となります。この際、振込時に掛かる手数料にはしっかりと消費税が課税されてしまいます。サービスという点から消費税を気にするのは、会社経営にとっては当たり前のことです。しかし、非課税というメリットを生かし、キャッシュフローの改善が出来るのはファクタリングの魅力とも言えます。
ですが、ファクタリング会社の中には悪徳業者も存在し、消費税を請求してくるケースがあります。そのため、見積時の手数料などに消費税の記載がある場合は、契約を避けることがポイントとなっています。資金調達を急ぐ会社の弱みに付け込んだり、ファクタリングに知見のないことを利用する会社の騙されないよう、消費税が掛からないことは知っておくのが重要です。

CONTENTS

SUB MENU