すぐに資金調達するならファクタリングサービスをフル活用

Factoring

ファクタリングで黒字倒産回避!現金が無くなるのは死活問題!

会社が倒産する際、黒字倒産という問題が話題となっています。売り上げがあるのにも関わらず、倒産に至るのは手元に現金がなくなることが要因です。倒産の要因は、借金が返済出来なくなった際に生じると考えてしまうものの、現金が無くなり、材料や商品の購入が出来なくなること、水道光熱費が支払えないこと、社員への給与支払いが出来なくなることの方が問題です。
そこで、黒字倒産を回避する方法として話題となっているのが、ファクタリングにより売掛金を売買することです。売掛金は取引契約により、月末払いから90日後の支払に設定されていることがあります。その結果、気付いた時には手元に運転資金に廻せる現金がなくなってしまうこともあります。ですが、ファクタリングを利用することで取引契約内容を変更せず、効率的に短期間で現金化することでキャッシュフローが改善され、黒字倒産をいうリスクを大幅に低減することが出来ます。
特に中小企業にとっては、少ない資金で会社を運転する場合には大きなメリットを生じさせるサービスです。資金繰りに不安があり、黒字倒産のリスクを抱える経営者の方はファクタリングにより、速やかに改善を検討するのがおすすめです。最近では、ファクタリング会社の情報保護や売掛先への通知がされないということも充実しており、取引先との信用悪化の心配も無くなっています。

CONTENTS

SUB MENU